売れないかもしれないと心配するなら収益物件を買取ってもらおう

マンションでの投資とは

マンション

不動産投資の中でも、マンション投資はサラリーマンでも行えることで人気があります。区分保有する部屋を人に貸すことで、家賃収入を得ることができます。つまり居住用としてではなく、事業用として購入することで、サラリーマンでも融資を受けられるわけです。その借り入れのローンを家賃収入で返済するので、自分で資金を捻出する必要は無いことになります。これがマンション投資の大きな特徴であり利点となります。具体的に、まず頭金と購入に必要な諸費用を支払うことになりますが、新築であれば頭金が不要となるケースもあります。そして賃貸管理を行う業者に実質的な運用は任せることになります。これが普段仕事を持つサラリーマンでも、手間をかけずに保有できる理由というわけです。賃借人の募集や家賃振り込みの管理、さらに滞納時における対応などを任せることができます。退去時には室内清掃や設備の修理の手配も頼めます。毎月のローン返済を家賃で丸ごと済ませた上で、余分なお金が残れば修繕費用などのために残しておくことになります。また空室となった時のために蓄えを残しておけば、安心して保有し続けることができます。マンション投資はこのようにローン返済を済ませることで、負担なく資産として保有する形となります。ローンの返済が終われば、後は収入源として残るわけです。もちろんマンション投資は途中で売却するのも良いですし、購入時よりも値上がりしていればキャピタルゲインを得ることも可能です。