売れないかもしれないと心配するなら収益物件を買取ってもらおう

空の自宅の資産活用

つみき

空の自宅で家賃収入

海外赴任や転勤などがあると、しばらくの間自宅を留守にしなければならない状況となります。いずれは戻ってくるつもりで現時点での売却を避けることもあります。しかしこれから始まる暮らしと残していく物件のために、当初想定していなかった大きな負担を受けることが出てきます。何よりもしばらくの間空にしておくのはもったいないことですし、管理面の心配もあります。それらを一度に解決する方法がリロケーションです。リロケーションは、不動産会社が仲介をすることで、一定期間空となる一戸建てやマンションのような自宅に生活をする入居者を紹介する仕組みです。そのためにしばらく空にしておく物件から家賃収入が入り、しかも入居者がいることで管理が自然と成り立っていきます。リロケーションを希望する場合には、やはり実績の豊富な会社を選ぶべきといえます。地域の不動産会社が管理の延長で収益源として片手間でしているのではなく、しっかりと事業として成り立っているところを選ぶようにしましょう。リロケーションでは、もちろんすぐに入居者が決まり家賃収入があった方がありがたいわけです。しかしそれ以上に自宅を貸し出すのですから、しっかりとした契約を結んで、良質な入居者に自宅をしようしてもらい、いざ必要な時期になれば退去を求められるようにできていなければなりません。一般の賃貸物件に比べても、リロケーションの場合は自宅を貸し出すのですからそれだけリスクも高いといえるので、十分に管理責任の持てる不動産会社を選んでおく必要があります。